1997年以来のヘッドセットとイヤホンの専門メーカー

+ 86-755-82957397 sales@yes-hope.com

ホーム > ニュース > 国際ニュース > 高投資と低収益、日本の機械大手は自衛隊のための軍用車両の開発.....
お問い合わせ
私たちの場所 追加:3F。、1階、中国深圳、Bao'an地区、Shajing、Wanxia工業団地 連絡先 メールアドレス:sales@yes-hope.com 電話:+86 755 8295 7397 ファック...お問い合わせ
ホットヘッドホン

ニュース

高投資と低収益、日本の機械大手は自衛隊のための軍用車両の開発を中止する予定です。

  • ソース:ワールドワイドウェブ
  • 公開::2019-02-25
[Global Network Report]日本の「読売新聞」は21日、日本の機械大手小松製作所が自衛隊向け新車の開発を中止する意向であると報じた。これは、コマツの生産拠点が研究開発投資と同じ収益を得られず、研究開発や生産事業が持続不可能になったためと報告されています。



航空用ヘッドセット発売中

コマツは、自衛隊用の軍用車両を長年にわたって開発、製造してきました。陸上自衛隊が装備した国内初の装甲装甲車両は、同社によって開発されました。同社はまた、自衛隊用に2,000両以上のLAV小型装甲車両を製造し、国連の平和維持活動に使用されていました。報道によると、日本の防衛産業を長く支持してきたコマツは、日本の防衛産業の弱さの象徴である自衛隊のための新しい車の開発を中止することを計画している。 2016年、日本の国防省は、研究開発と機器の製造に従事している72社の調査を実施しました。 52社が、倒産や下請け業者の事業廃止により部品供給が中断されたと報じた。



Bluetoothノイズキャンセリングヘッドフォン

防衛会社の経営陣は、「企業の収入と支出の状況は厳しく、多くの企業は国防の原因に対する責任感をもってのみ生産を続けている」と不満を述べた。大規模な災害のために注文が増えたときには、引退した熟練労働者を集めて生産に従事させる企業もあります。
報告によると、2013年に日本政府が採用した国家安全保障戦略は、防衛装備の製造と技術的基盤を防衛力を支える重要な要素と定義し、国内産業の維持と強化を明確に提案している。



USBヘッドホン卸売

2018年末に改訂された「防衛計画概要」も同じ方針を提案した。しかし、防衛装備品の顧客は防衛省だけなので、受注を増やすことは困難です。
コマツは、同社は開発プロジェクトの実施を計画していないと述べた。 「収入が開発投資を相殺できない場合、研究開発と生産基盤の維持が困難になるでしょう」